やる気発掘、ETS(Environment Test System)とは?

ETS(Environment Test System)は、今までの学習や生活のくせがわかり、お子様の能力を100%活かすことができるようになるテストです。

image3026

image2993

お子様の能力に合ったやり方が分かり、「やる気」がわき出します!

あなたは「この子にはどんな適性があるのかしら?」「どうしたら自分で勉強するようになるのかしら?」「どんな仕事が向いているのかしら?」と考えたことはありませんか?

ETSを利用すると200問の問いかけから、「学習能力」「学習習慣」「学習方法」「家庭での育てられ方」「生活習慣」「職業の適性」など、こと細かくわかります。

スクールIEではこの結果から、お子様にぴったり合った「講師」「教材」「授業の進め方」を決めます。

では具体的に見ていきましょう。

育ってきた環境

子供の性格は親の接し方でほぼ決まります。「甘やかされたのか?」「厳しく育てられたのか?」など家庭でのお子さまの様子がテスト結果から伝わってきます。

学習能力

成績=学習能力というわけではありません。生徒一人一人の「良いところ」を伸ばし、「良くないところ」を修正していくためのデータがこれにあたります。

性格&思い込み

自分自身ではわからない深層心理までテスト結果には表れてきます。知らず知らずのうちに培ってきた「良くない思い込み」などを私たちが理解してあげるところからはじまります。

普段の生活習慣

子供の能力は学習面よりもむしろ生活面を把握する事で理解できるケースも多くあります。生活習慣以外にも「好奇心」や「粘り強さ」などのデータが出てきます。

職業の適性

テスト結果から能力を活かせる職業を導き出します。そしてその職業に就くために必要なものもわかるので、普段の努力するべきポイントが見えてきます。

さて、これまで詳細を説明してきましたが、これだけの情報がどうしてたった200問だけの問いかけからわかるのか不思議ではないですか?

実はこのシステムができあがるまでに、20年近くの歳月がかかりました。

30教室、1,300人以上の先生の成果

スクールIEを運営する中、代表の松田は以下の様な思いを抱いていたそうです。

「どこよりも一番成績の上がる塾でありたい!」

「しかし、どうやったら教科の好き嫌いがある、やる気のばらつく生徒をやる気にさせられるのか…。」

どうもピンとこない生徒を教えていても、講師もピンとこないことがあったようです。

「どんな生徒もやる気のスイッチが入るような学習方法を考えられないか?」

そう考えた松田は、全国の30教室、1,300人以上の講師からアンケートを取り、生徒の個性に合わせた指導法を調べていったのです。

そして「やる気スイッチ」を入れる元となる指導法を作成しました。

プロジェクト発足、さらなる探求

さらに研究プロジェクトを作り、効果のあった指導法を探求していった結果、どこの教室でも成果が上がり始めました。

そして、もっとも成果に影響を与えるのは生活習慣ということをつきとめたのです。

お母さんの育て方との関係が深いことがわかったのです。

専門家も太鼓判

プロジェクトの成果を児童心理学者にも確認してもらい評価を得ながら、チェック項目を200問に絞りました。

「これなら誰が教えても成果が出せる!」

こうやって「やる気スイッチ」型教育システムは完成したのです。

次はあなたのお子様の番です

やる気のない子をやる気にさせるのがわたし達の責任です。

より詳しく知りたい保護者様は、今すぐお問合せ下さい。

入塾すれば、スクールIEを通してお子様のことがもっと理解できますよ。